メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

朝日杯オープン戦 藤井四段、佐藤名人に完勝 2年目「夢」半ば

朝日杯将棋オープン戦で佐藤天彦名人(左)に勝利し、感想戦に臨む藤井聡太四段=名古屋市東区で2018年1月14日午後4時55分、木葉健二撮影

 一昨年のプロデビュー以来、躍進著しい中学生棋士が、将棋界最高峰の名人を降した。14日、名古屋市で指された朝日杯将棋オープン戦準々決勝で藤井聡太四段(15)が佐藤天彦名人(29)に快勝。小学校の文集で「名人をこす」と記した夢を、プロ2年目で早くもかなえた形となった。

 棋戦初優勝を目指す藤井四段は1次、2次予選を勝ち抜き、16人で争うこの日の本戦に進出。午前中の1回戦で澤田真吾六段(26)を短手数で破り、準々決勝で佐藤名人との対局に臨んだ。地元の愛知県での公開対局。藤井四段の先手番で横歩取りの戦型になった。

 序盤は佐藤名人が互角以上に進めたかと思われたが、「タイトル戦という気持ちで臨んだ」という藤井四段が次第に優位に。そのまま着実にリードを広げ勝ち切ると、大盤解説を務めた木村一基九段は「完勝ですね。驚きました」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです