メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

しめ縄担当 京都府南丹市・今西豊子(無職・65歳)

 今年も私の作ったしめ縄を飾って新年を迎えることができた。かつて、義父がしめ縄を作る姿を見ていたが、当時は全く関心がなく、古老の仕事くらいに思っていた。

 ところが3年前、同世代の友達が「自分でしめ縄を作って飾っている」と言うので、びっくりした。そして急に興味が湧いて弟子入りを頼んだ。

 まずは基本である縄の綯(な)い方から。不器用さを笑われながらも、手取り足取り教えてもらっているうちにコツをつかみ、ギュッと締まった縄になりだした。そしてやっと、しめ縄作りへ。門用にエビ、玄…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 横浜市 指定ごみ袋導入へ 分別簡略化と温暖化対策 /神奈川

  3. オンライン「人狼ゲーム」に数万回投稿 偽計業務妨害容疑で高校生書類送検

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです