メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

サンドイッチ 山口県宇部市・田中正子(75歳)

 夫が脳梗塞(こうそく)になったのは平成9(1997)年。右半身不随となった。リハビリに通院するために私は56歳で車の免許を取得。不自由ながらも我が家で何とか生活できるようになった。

 3年後に再発。今度は嚥下(えんげ)が困難となり、自分の唾液さえも飲み込めなくなった。2カ月の入院生活。病院でできる治療は終わり、本人が飲み込む練習をするしかないと言われて退院した。

 それからが大変な毎日だった。食べやすく飲み込みやすい料理をいろいろ工夫するけれども思うようにならず…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 台風上陸から2カ月たっても避難指示が解除されない町 宮城・大河原町と栃木市

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  5. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです