メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫からの感染症

16年国内初の死亡例 福岡の60代女性

 厚生労働省は15日、福岡県内の60歳代の女性が2016年春、動物から人に感染する「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」を発症し、死亡していたと明らかにした。ネコから感染したとみられる。同感染症による死亡例は国内では初めて。厚労省は注意を呼びかける通知を都道府県などに出した。

 厚労省によると、この女性は一昨年5月、呼吸困難を訴えて救急搬送され、3日目に死亡した。血液検査で菌を検出。発症前、屋外でネコ3匹に餌やりをしていた。

 この感染症はネコやイヌなど動物が持つコリネバクテリウム・ウルセランス菌に感染することで起き、「人獣共通感染症」の一つ。ジフテリアに似た症状で、喉の痛みやせきが出る。治療には抗菌薬が有効だという。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです