メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

閉店

震災翌日から営業 いわき・リスポ半世紀の歴史に幕

半世紀の歴史に幕を閉じる「タウンモールリスポ」=福島県いわき市小名浜で、乾達撮影

 福島県いわき市の港町・小名浜の暮らしを半世紀にわたり支えた商業施設「タウンモールリスポ」が15日、閉店する。灯台を模した塔が入り口にそびえる地上2階建て。東日本大震災の翌日から営業して被災地の生活を支えたが、衣料や飲食などを扱う40店舗あまりのテナント店主らの高齢化が進み、老朽化した建物の改修を断念した。【乾達】

 地元の老舗商店が結束した協同組合が施設を建設し、「小名浜名店街」の名で1969年に営業を開始した。当時は屋上に遊園地があり、店舗の屋根に本物の旅客機を置いて人目を引いた。1階で花屋を営む組合監事の馬上忠一郎さん(68)は「地力のある店が集まったので高級品が売れ、百貨店のようなイメージだった。年中、おもてなしを考えていた」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです