メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私設の震災資料室

被災の建築士、神戸・長田区にオープン

私設の震災資料室を開く準備に追われる曹弘利さん=神戸市長田区長田町1で、2018年1月12日、高尾具成撮影

 阪神大震災で被害の大きかった神戸市長田区に17日、私設の震災資料室がオープンする。自らも被災した1級建築士で、NGO「国境なき災害支援隊」(同区)代表、曹弘利(チョ・ホンリ)さん(64)が「次代にどう継承できるか」と問う中で思いたった。小さな事務所の一角で「阪神」の記録、東日本大震災や海外の被災地支援の活動を紹介する。

 同市須磨区にあった曹さんの住居兼建築事務所は1995年1月の震災で焼失。路上で10日間、テント暮らしでしのいだ。復興関連の業務で事務所運営を続けたが、2005年にいったん倒産。再開後も長引く不況で仕事は震災前の半分以下に減った。曹さんは「それでも踏ん張ってこられたのは頑張っている地元の人々の姿があったから」と話す。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  2. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  3. 「考える余裕はなかった」 太平洋戦争開戦79年を前に91歳が語る予科練生活

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです