メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワオキツネザル

寄り添って温か 北九州・到津の森公園

ヒーターのある獣舎で団子状態になり、暖を取るワオキツネザル=北九州市小倉北区の到津の森公園で2018年1月5日午後3時4分、上入来尚撮影

 厳しい寒さが続く中、北九州市小倉北区の動物園「到津(いとうづ)の森公園」では冬を苦手とするワオキツネザルが身を寄せ合って寒さをしのいでいる。

 アフリカ南東沖のマダガスカル島に生息する体長35~45センチのサルで、尾の模様が黒と白の輪であることからワオ(輪尾)の名が付いた。園内2カ所の展示ゾーンに3…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです