メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーカー訴訟

逗子市に110万円支払い命令

逗子ストーカー殺人事件で、元教員が被害者の住所を知った経緯

 神奈川県逗子市で2012年11月に起きたストーカー殺人事件で、殺害された三好梨絵さん(当時33歳)の住所を閲覧制限が掛けられているのに逗子市職員が漏らしたのはプライバシー侵害だとして、夫(47)が市に1100万円の慰謝料などを求めた訴訟の判決で、横浜地裁横須賀支部は15日、市に110万円の支払いを命じた。前澤功裁判長は「秘匿情報の漏えいは違法な公権力の行使に当たり、被害者が受けた精神的苦痛は多大」と述べた。

 前澤裁判長は「DV(ドメスティック・バイオレンス)などの支援措置の対象となった人の住所は、対象者の生命身体に危険を生じさせる恐れがあり、第三者に知らせることは地方公務員法上の守秘義務違反に当たる。情報漏えいは合理的な期待を裏切るプライバシーの侵害」と認定。一方で、「担当者は情報漏えいの相手方の真の目的を知らなかった」と述べ、情報漏えいと殺人との因果関係は否定した。

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです