メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中部電力

1月分料金を過小請求 300万円分

 中部電力は14日、管内の5県(愛知、三重、岐阜、静岡、長野)で、1月分の2440件の電気料金、計約300万円分を過小請求していたと発表した。電気使用量を自動集計する次世代電力計「スマートメーター」のプログラムミスで、昼間に使った電気を料金の割安な夜間の利用と見なした。支払い済みの対象世帯や商店などに対し、不足分を2月に追加請求する。

     過小請求はスマートメーターを設置し、時間帯別料金プランを設定している顧客に起きた。担当者が今月10日にミスを発見し、11日に正しい設定に直したが、既に検針した分は変更手続きが間に合わず、本来より10~9968円分少なく請求した。同社は「再発防止に努める」と陳謝した。【小倉祥徳】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    2. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
    3. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞
    4. サワラ漁 播磨灘で始まる かつてない大漁 洲本 /兵庫
    5. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]