メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハワイ誤警報

訂正まで38分、住民パニック

 【ロサンゼルス長野宏美、ワシントン高本耕太】米ハワイ州で13日午前8時7分(日本時間14日午前3時7分)ごろ、弾道ミサイルの脅威が迫ったとして避難を呼びかける警報が住民の携帯端末に誤って配信された。州当局や米太平洋軍は打ち消したが、住民に訂正メッセージが通知されるのに約38分かかり、一時、大混乱した。トランプ米大統領は当時、ゴルフ中で、すぐにプレーをやめなかったことが論議を呼んでいる。

 警報メッセージは「ハワイに向けた弾道ミサイルの脅威。すぐに身を隠して。これは訓練ではない」という内容で送られた。同州の緊急事態管理局は約10分後にツイッターで「ミサイルの脅威はない」と発信したが、住民の携帯端末への訂正連絡は遅れた。イゲ州知事は記者会見で「職員が間違ってボタンを押した」と人為的ミスを謝罪し、再発防止を誓った。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

  4. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  5. 公明定年内規 厳格運用なら党幹部ほぼ「引退」 迫る解散、どうする公認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです