メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・三十三間堂

「通し矢」に新成人ら2000人

「通し矢」で弓を引く晴れ着姿の新成人ら=京都市東山区の三十三間堂で2018年1月14日午前8時33分、小松雄介撮影

 京都市東山区の三十三間堂で14日、弓の伝統競技「通し矢」に由来する「大的全国大会」が開かれた。振り袖とはかまの晴れ着姿の新成人ら約2000人が60メートル先の的をりりしい表情で見据え、次々と矢を放った。

 江戸時代の「通し矢」は、武士らがお堂の軒下で120メートルの距離を24時間で何本射通したか競っ…

この記事は有料記事です。

残り75文字(全文225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 「世界で最もパワフルな女性」独メルケル首相、グレタさんは100位 米誌

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  5. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです