メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井四段

名人に勝利も「実力まだまだ」 地元で快挙

朝日杯将棋オープン戦で佐藤天彦名人に勝利し、笑顔を見せる藤井聡太四段=名古屋市東区で2018年1月14日午後4時23分、木葉健二撮影

 天才中学生は将棋界のトップ棋士を寄せ付けなかった。14日に名古屋市で開かれた朝日杯オープン戦の本戦準々決勝で、佐藤天彦名人(29)に勝った最年少プロ棋士の藤井聡太四段(15)は「幸運にも勝利できたが実力的にはまだまだ」と、淡々と口にした。地元初の公式戦公開対局での快挙を目の当たりにしたファンからは、大きな歓声が上がった。

 取材陣に「名人に勝てたのは自信になる。この経験を生かし、さらなる飛躍を目指したい」と藤井四段。佐藤…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです