メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井四段

プロ2年目で早くも「名人をこす」

朝日杯将棋オープン戦で佐藤天彦名人(左手前)に勝利し、感想戦に臨む藤井聡太四段=名古屋市東区で2018年1月14日午後4時45分、木葉健二撮影

 一昨年のプロデビュー以来、躍進著しい中学生棋士が、将棋界最高峰の名人を降した。14日、名古屋市で指された朝日杯将棋オープン戦準々決勝で藤井聡太四段(15)が佐藤天彦名人(29)に快勝。小学校の文集で「名人をこす」と記した夢を、プロ2年目で早くもかなえた形となった。

 棋戦初優勝を目指す藤井四段は1次、2次予選を勝ち抜き、16人で争うこの日の本戦に進出。午前中の1回戦で澤田真吾六段(26)を短手数で破り、準々決勝で佐藤名人との対局に臨んだ。地元の愛知県での公開対局。藤井四段の先手番で横歩取りの戦型になった。

 序盤は佐藤名人が互角以上に進めたかと思われたが、「タイトル戦という気持ちで臨んだ」という藤井四段が次第に優位に。そのまま着実にリードを広げ勝ち切ると、大盤解説を務めた木村一基九段は「完勝ですね。驚きました」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡、長崎、佐賀に大雨特別警報 数十年に1度の規模、警戒呼びかけ

  2. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  5. 木下優樹菜さん引退 所属事務所が発表 1日に活動再開したばかり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです