センター試験

全日程終了 交通の乱れで繰り下げ受験も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参考書を手に試験会場へ向かう受験生たち=福岡市東区の九州大で2017年1月14日午前8時1分、矢頭智剛撮影
参考書を手に試験会場へ向かう受験生たち=福岡市東区の九州大で2017年1月14日午前8時1分、矢頭智剛撮影

 大学入試センター試験は2日目の14日、理科と数学の試験を実施し、全日程を終了した。会場の山口県立岩国高でトイレが使えなくなり、福島県と福井県では交通機関の乱れがあったため、計4会場で試験開始を最大1時間繰り下げたが、大きなトラブルはなかった。

 約640人が受験した岩国高では午前中に給水設備が故障し、校舎のトイレの水が流れなくなった。体育館のトイレを開放する一方、消防の給水車を呼んで水が流れるようにする対応を取り、3教科目の数学(2)の開始を1時間繰り下げた。

 福島大、福島県郡山市の日本大工学部、福井大の3会場では電車の遅れや運休で8人が開始に間に合わず、50~60分遅らせた。繰り下げは2日間で12都道県30会場に上り、約1万1000人に影響した。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文610文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集