メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線バス事故

乗客の受験生、代替バスで会場へ 岐阜

 14日午前7時55分ごろ、岐阜県飛騨市古川町杉崎の県道交差点で、濃飛バスが運行する路線バスが信号待ちで止まっていた軽乗用車に追突した。バスの乗客17人にけがはなかったが、このうち11人は大学入試センター試験会場の同県高山市の県立斐太高校に向かっていた受験生。用意された代替バスに乗り換え、予定より約25分遅れの午前9時ごろ到着し、同9時半の試験開始に間に合った。

 県警飛騨署によると、軽乗用車を運転していた飛騨市のパート従業員の女性(59)は気分が悪いと訴えて病院に搬送された。現場は片側1車線のほぼ直線道路で、前日夕方から降った雪が固まり、路面が凍結。バスの男性運転手(42)は「ブレーキをかけたらスリップした」と話しているという。【式守克史】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  2. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
  3. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞
  4. サワラ漁 播磨灘で始まる かつてない大漁 洲本 /兵庫
  5. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]