センター試験

スマホが受験の相棒 単語の確認・解説動画

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スマホを使いこなす受験生。「過去問の解説を見てわからない時、スマホで調べることもある」=東京都新宿区で2018年1月、水戸健一撮影
スマホを使いこなす受験生。「過去問の解説を見てわからない時、スマホで調べることもある」=東京都新宿区で2018年1月、水戸健一撮影

 スマートフォンを勉強の「相棒」にする受験生が増えている。13、14日に実施された大学入試センター試験の会場に向かう電車やバスの中でも、分厚い参考書の代わりに、スマホで最後の確認をする姿が見られた。解説動画も閲覧できるのが便利との声がある一方で「遊びの誘惑に負けてしまう」と封印する受験生もいる。

 「ここ1年くらい、通学の電車の中でスマホアプリを使って英語や古文の単語を覚えた。移動時間を有効活用できた」。九州大でセンター試験を受けた九産大九産高3年の富高冬麻さん(18)=福岡県春日市=は振り返る。

 内閣府によると、高校生のスマホ利用率は昨年度の調査で94.8%。多くの高校生にとって手放せない存在になっており、参考書の出版社がスマホで読めるデジタル版も出している。重要部分にペンやスタンプで書き込める機能もあり、有料で解説動画も提供する。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文949文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集