メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

関西大学が第22回先端科学技術シンポジウム「人工知能との共創 -- 知・人・社会 -- 」を開催。AI、ロボット、IoT、防災、医療等、多分野に及ぶ最先端研究の成果を披露。(Digital PR Platform)

情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について





このたび関西大学では、第22回先端科学技術シンポジウム「人工知能との共創-知・人・社会-」を1月18日・19日の2日間にわたって千里山キャンパスにて開催します。





【本件のポイント】

・本学先端科学技術推進機構で展開されている1年間の最先端研究の成果を披露
・本学のみならず、他大学や民間企業・研究所、自治体等から多数の研究者が集結
・2日間にわたって、計27件の特別・招待講演および64件の一般講演を実施


 本シンポジウムは、本学先端科学技術推進機構で展開されている、幅広い分野に及ぶ1年間の最先端研究の成果を披露するイベントです。本学のみならず、他大学や民間企業・研究所、自治体等から多数の研究者が一堂に集結し、例年約1,000名(一般参加者および学生を含む)を動員しています。今年で22回目の開催を迎える本シンポジウムは、我々の未来を担うイノベーションの芽をいくつも生み出してきました。
 今回は、計27件の特別・招待講演および64件の一般講演、テーマ別セッションを実施するほか、1日目には100件を超えるポスター展示による研究紹介セッションも行います。多くの研究者が集い、また普段重なることのない異分野の研究が交錯することで、新たな発見・展開が生まれることもあるかもしれません。「学の実化」を学是とする本学は、今後も実社会の発展につながる研究ならびに意義あるイノベーションの創出に取り組んでいきます。
 つきましてはご多忙の折恐縮ですが、本シンポジウムに関しまして、取材のご検討をお願い申し上げます。



■ 先端科学技術推進機構とは
 1964年に開設された工業技術研究所を前身とし、2002年4月に現組織に改編。主に、本学での理工系研究機関として、学内外研究者・機関との先端的共同研究、プロジェクト研究、受託研究、産学共同研究および多様な形態の産学官連携活動を積極的に推進することを目的とする全学組織。

                    記



【日時】 1月18日(木)11:00 ~ 17:15、 1月19日(金)10:00 ~ 17:15



【場所】 千里山キャンパス100周年記念会館
     (吹田市山手町3-3-35〔阪急関大前駅南出口から徒歩5分〕)



【プログラム】 
 詳細は http://www.kansai-u.ac.jp/ordist/symposium/news/smpo_panf22.pdf
をご参照ください。
     ◆ 1月18日(木)11:00~17:15
       11:00~11:15 開式
       11:15~12:15 特別講演「最新人工知能と人・社会への影響」
                  :山口高平氏(慶應義塾大学理工学部管理工学科教授)
       13:15~14:00 ポスターセッション
       14:00~17:15 テーマ別セッション(分科会)
     
     ◆ 1月19日(金)10:00~17:15 テーマ別セッション(分科会)

▼本件に関する問い合わせ先
総合企画室 広報課
石田、寺崎
住所:大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-0201
FAX:06-6368-1266
メール:kouhou@ml.kandai.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/


情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです