メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

サッカー W杯3連続出場目指す主将 忘れ物、ロシアで取り返す けが明け長谷部、勝負の年

サッカースクールの生徒とともにボールを蹴る長谷部

 サッカー日本代表の精神的支柱は本番に間に合うのか。6月に開幕するワールドカップ(W杯)ロシア大会で3大会連続出場を目指す主将のMF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)は昨春に右膝を手術した。18日に34歳となるベテランが再起を期し、勝負の年を迎えた。【大谷津統一】

 「紆余(うよ)曲折。良いことも、そうでないことも凝縮された1年だった」。昨年12月下旬、帰国中に故郷の静岡県藤枝市で主宰するサッカースクールの指導に当たった際、長谷部は2017年をそう振り返った。昨年3月のドイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘン戦でゴールポストに激突して右膝を痛め、シーズン終盤を棒に振った。8月末、W杯アジ…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 世界の感染者数3000万人超える インドで急増、1日の新規感染10万人規模

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

  5. ジャパンライフ元会長招待の「首相枠」疑惑再燃 野党、「桜を見る会」再調査を要求

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです