特集

ニュース&トピックス

クラシック界のニュースや、音楽家のインタビューなどを紹介します。

特集一覧

トレンドに迫る

音楽とバレエの間 異なる客層、重ねる試み

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナ国立歌劇場のプレミアムコンサート。アリア名曲集の後、オーケストラはピットに移る=カメラマン・瀬戸秀美撮影、光藍社提供
ウクライナ国立歌劇場のプレミアムコンサート。アリア名曲集の後、オーケストラはピットに移る=カメラマン・瀬戸秀美撮影、光藍社提供

 バレエ公演とクラシック音楽の演奏会。会場は同じホールでも、客層はまるで異なる。近くて遠い二つの集合を少しでも交わらせようと、劇場や興行主は多様な試みを始めている。

 首都キエフで150年の歴史を誇るウクライナ国立歌劇場が年末年始に来日。管弦楽団、バレエ、オペラの順に公演したが、12月27日の「オール・オブ・クラシック プレミアムコンサート」(東京文化会館)は、三つの要素を楽しめる一夜かぎりの特別企画だった。

 第1部は管弦楽団が舞台に上がって、ムソルグスキー「展覧会の絵」より「キエフの大門」などを演奏。第2部でオペラ歌手4人が加わり、アリアを披露した。第3部は1幕仕立てのバレエ「カルメン組曲」。管弦楽団はピットに移って舞台上にセットが組まれ、ダンサーが華麗に踊った。

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1320文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする