連載

読書日記

読書家の著名人によるリレー連載や著者インタビューによる新刊紹介、ベストセラーランキングも掲載。

連載一覧

読書日記

著者のことば 養老孟司さん 「意味」からの脱出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ■遺言。 養老孟司(ようろう・たけし)さん 新潮新書・778円

 きっかけは、大西洋カナリア諸島への船旅だった。豪華客船クイーン・ビクトリア号上での半月。船の中以外、どこにも出られない「刑務所みたいな」環境で、日々考えていたことを「なんだか本に書きたくなった」という。25年ぶりの完全書き下ろし。そのつもりはないけれど、80歳と「ぼちぼち死んでも当たり前の年齢」になったこともあり、「遺言。」と題した。

 まず「動物は言葉をどう聞くか」「意味のないものにはどういう意味があるか」などの疑問へ思いを巡らすところから本書は始まる。「同じ」と「違う」という言葉をキーワードとしながら、何が現代社会を「どこか変」なものにしているか探る。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文910文字)

あわせて読みたい

注目の特集