メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

被災者に寄り添い23年 ボランティア元学生、教員になり各地で支援

東日本大震災の津波で被災し、復興住宅で暮らす女性(右端)と交流する藤室玲治さん(左端)と大学生=宮城県石巻市で

 阪神大震災でボランティアに従事した神戸大の男子学生が大学教員となり、東日本大震災や熊本地震の被災地で学生とともに支援に駆け回っている。東北大「課外・ボランティア活動支援センター」特任准教授の藤室玲治さん(43)で、「ボランティアだからこそ大変な思いをしている被災者の心を支えられる」と、自らの経験や被災地で学んだ教訓を学生らに伝え続ける。【川口裕之】

 「この地域の人は家も何もかもなくしたから、みんな気持ちは一緒なの」。復興住宅などが建ち並ぶ宮城県石…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです