メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

外堀のヘドロぜんぶ抜く マラソンコース候補 都「気持ちよく迎えたい」

 2020年開催の東京五輪・パラリンピックを見据え、東京都は26年ぶりに、江戸城外堀の底に堆積(たいせき)するヘドロを除去する。悪臭や汚濁した水で評判が悪いが、五輪では世界から観客が訪れるほか、沿道の外堀通りはマラソンコースの候補のため、外堀がテレビで多くの人の目に触れる可能性が高い。水質を改善させて美しい首都をアピールし、汚名返上を狙う。

 外堀は水の循環が悪いうえ、大雨が降ると下水処理していない汚水が流れ込んで汚れやすい。落ち葉など腐りやすいものが沈んでヘドロがたまっている。特に夏は水温が上昇し、有機物が腐敗して悪臭が発生。アオコが大量発生し、水面が緑一色になることもある。都によると、外堀は水質規制の対象外だが、水の汚れの度合いを示す「化学的酸素要求量(COD)」が夏は常に高い水準だという。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟、日本資産の現金化は「望ましくない」  韓国大統領

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです