特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

20年東京五輪・パラリンピック

外堀のヘドロぜんぶ抜く マラソンコース候補 都「気持ちよく迎えたい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年開催の東京五輪・パラリンピックを見据え、東京都は26年ぶりに、江戸城外堀の底に堆積(たいせき)するヘドロを除去する。悪臭や汚濁した水で評判が悪いが、五輪では世界から観客が訪れるほか、沿道の外堀通りはマラソンコースの候補のため、外堀がテレビで多くの人の目に触れる可能性が高い。水質を改善させて美しい首都をアピールし、汚名返上を狙う。

 外堀は水の循環が悪いうえ、大雨が降ると下水処理していない汚水が流れ込んで汚れやすい。落ち葉など腐りやすいものが沈んでヘドロがたまっている。特に夏は水温が上昇し、有機物が腐敗して悪臭が発生。アオコが大量発生し、水面が緑一色になることもある。都によると、外堀は水質規制の対象外だが、水の汚れの度合いを示す「化学的酸素要求量(COD)」が夏は常に高い水準だという。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文602文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集