メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名物にうまい物あり

「つるやパン」のサラダパン 滋賀県内

「つるやパン」のサラダパン=つるやパン提供

 マヨネーズをからめた刻みタクアンをコッペパンで挟んだ「サラダパン」。歯ごたえあるタクアンの食感と素朴な味わいがたまらない。1960年代初めに誕生し、今や滋賀県民のソウルフードとなっている。県外ではほとんど流通していないため、滋賀県出身者にとっては懐かしいふるさとの味でもある。

 製造販売の「つるやパン」は1951年に創業。サラダパンは創業者の妻、西村智恵…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政権の意思決定また不透明に 検察庁法巡り法相が約束した文書いまだ「作成中」

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです