メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小諸市

2専門学校と協定 動物イラスト総選挙実施へ /長野

包括連携協定に調印した小泉俊博市長(左)と宋成烈・呉学園理事長=小諸市役所で

 小諸市は15日、専門学校の日本デザイナー学院、日本写真芸術専門学校(ともに東京都渋谷区)と、人材育成や市の活性化を目的にした包括連携協定を結んだ。今年度は学生が市動物園の動物8種を擬人化したイラストを制作し、市が動物園のキャラクターとして活用する事業「動物イラスト総選挙」を行う。

 「地域創生クリエイティブチャレンジ」と題した協定では、2専門学校は小諸がテーマの授業と学生による作品制…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです