メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰温泉紀行

/10 吉賀 木部谷 先祖からの贈り物 間欠泉、地元食材の料理が人気 /鳥取

「松乃湯」女将の田原久子さん=鳥取県吉賀町柿木村木部谷で、横井信洋撮影

 待つこと約20分。地表から泡が吹き出し始めた。しぶきをあげて噴出する温泉水は次第に高くなり、1メートルを超えた。噴き出した直後は透明だが、赤茶色に変わり、硫黄の臭いもしてくる。勢いは5分ほど続く。島根県吉賀町柿木(かきのき)村木部谷(きべだに)の木部谷温泉「松乃湯」の裏山にある源泉の間欠泉だ。

 松乃湯が開業したのは1988年。女将の田原久子さん(80)によると、元々「弘法の湯」として古くから知られる温泉地だった。戦前から地元の人たちが、まきを持ち寄って湯を沸かしたり、近くにある旧小学校長住宅に竹の導水管で温泉水を引いたりして使っていた。夏には汗もに効くと、くんで持ち帰る住民もいたという。間欠泉は70年、ボーリング調査で噴出した。

 保健所の指導もあり、地元住民らによる利用は87年に休止した。「温泉は田原家の先祖が残してくれた贈り…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです