安倍首相

平昌出席「日程見て」 国会優先を強調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソフィア松倉佑輔】安倍晋三首相は15日午前(日本時間15日午後)、2月9日に開幕する韓国・平昌冬季五輪への出席について「国会日程をみながら検討したい」と述べた。そのうえで、慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に関し、「韓国側が一方的にさらなる措置を求めていることはまったく受け入れることはできない。約束を実行することを求め続けたい」と述べた。訪問先のブルガリアで同行記者団に語った。(5面に発言要旨)

 首相は「一日も早い(来年度)予算の成立こそが最大の経済対策で、しっかりと対応しなければならない」と国会優先を強調しつつ、五輪出席を「よく考えていきたい」とも述べた。記者団が9月に予定される自民党総裁選での野田聖子総務相の立候補について尋ねたのに対し、首相は「閣内にあろうがなかろうが『われこそは』と(思う人は)手を挙げていただければいい」と述べた。自身の対応は「緑が深くなってきたころに考え始めなけ…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文550文字)

あわせて読みたい

注目の特集