特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

クローズアップ2018

カヌー禁止薬物混入 東京五輪に重い教訓 自国開催、期待が重圧に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪を目指したカヌーの鈴木康大選手(32)がライバルの小松正治選手(25)の飲料に禁止薬物を混入してドーピング違反に陥れたゆがんだ行為は重い教訓を残した。自国開催の五輪で高まる期待と重圧のひずみを露呈するような不祥事が連鎖しており、選手教育の徹底が改めて問われている。過去の五輪でドーピング違反がない日本が自負したクリーンな印象も崩れ、厳しい自己管理が求められることになった。

 「東京五輪出場への焦りがあった」。鈴木選手は日本カヌー連盟の調べに、こう語ったという。スプリント1000メートルの国内の第一人者は16年リオデジャネイロ五輪で3大会続けて出場を逃した。一度は現役を退いたが、カヌーの五輪代表だった妻と義父の後押しで再び艇に戻ったところだった。「期待が重圧になったのか」。カヌー関係者は心情を推し量った。

この記事は有料記事です。

残り1890文字(全文2255文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集