メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

カヌー禁止薬物混入 東京五輪に重い教訓 自国開催、期待が重圧に

 2020年東京五輪を目指したカヌーの鈴木康大選手(32)がライバルの小松正治選手(25)の飲料に禁止薬物を混入してドーピング違反に陥れたゆがんだ行為は重い教訓を残した。自国開催の五輪で高まる期待と重圧のひずみを露呈するような不祥事が連鎖しており、選手教育の徹底が改めて問われている。過去の五輪でドーピング違反がない日本が自負したクリーンな印象も崩れ、厳しい自己管理が求められることになった。

 「東京五輪出場への焦りがあった」。鈴木選手は日本カヌー連盟の調べに、こう語ったという。スプリント1…

この記事は有料記事です。

残り2008文字(全文2255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです