メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

平和の構築へ日中が協力を=宮本雄二・宮本アジア研究所代表

 昨年12月に北京で開かれた「第13回東京-北京フォーラム」(言論NPOなど主催)は、中国共産党の第19回党大会が終わり、習近平指導部の第2期のスタートと軌を一にした時期の開催となった。成果文書の「北京コンセンサス」を出し、参加者からは「これまでで一番議論がかみ合った」との声が多く聞かれた。

 中国側は民間の対話を重視し、意義を理解し始めている。日中の民間でこのように13回も続いた対話の場はない。この会議は日中関係を良好で安定したよりよいものにするため努力しなければならないとの信念、確信を持つ人たちの集まりであると、はっきりと認識された。このような人々は両国でそれぞれ少数派だが、フォーラムは極めて特別な対話の場に成長した。どうしたら日中が次の段階に進めるか知恵を出し合うため、大きな役割を果たしてきた。

 安全保障などの各分科会での議論では相手の批判を控え、疑問があれば「どうしてですか」と問いかける言い…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1270文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです