メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「世界の記憶」朝鮮通信使 友好の200年に学ぼう=森忠彦(オピニオングループ)

中澤さんらが建てた相島の通信使碑。世界各地で慰安婦像の建立が進むが、日本では通信使の碑こそを広めたい=森忠彦撮影

 日韓関係に険悪なムードが広がっている。従軍慰安婦問題をめぐる「合意」について韓国側が議論を蒸し返そうとしたのが発端だ。2015年12月の合意は「最終的かつ不可逆的な解決」を確認したはずなのに、政権が代わると簡単に前政権の決定を覆す韓国の手法に、日本側が「またか」とうんざりするのは当然だろう。ただ、両国間には消え去らない長い歴史のしこりがあるのも事実。未来志向の道はないだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1877文字(全文2068文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです