メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田事件

「死刑」元裁判官、袴田さんと面会 半世紀ぶり

熊本典道さん(右)と顔を合わせる袴田巌さん(中央)=福岡市内で、ジャーナリスト・青柳雄介さん提供

 1966年に静岡県で起きた「袴田事件」で、死刑が確定し再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(81)が今月9日、1審・静岡地裁で68年に出された死刑判決に関わった元裁判官、熊本典道さん(79)と福岡市内で面会した。2人が顔を合わせるのは約50年ぶり。袴田さんの姉秀子さん(84)らが15日、静岡市内で記者会見して明らかにした。

 熊本さんは2007年、「無罪の心証がありながら死刑判決文を書いた」と告白。苦悩し続けていたことを明かし「会って謝りたい」などと話していた。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. 福岡市営地下鉄・赤坂駅で緊急停車 構内に煙立ちこめる 連休明け、通勤の足直撃

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです