メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みずほFG

社長に坂井氏 佐藤氏は会長 2代連続、興銀出身

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は15日、佐藤康博社長(65)の後任に、子会社であるみずほ証券社長の坂井辰史氏(58)が就任する人事を発表した。佐藤氏は、空席だったみずほFG会長に就く。大手銀行グループトップに証券子会社の社長が就くのは異例で、新体制の下でグループ一体経営を強化し、収益拡大を目指す。

 坂井氏の後任のみずほ証券社長には、みずほFG常務の飯田浩一氏(55)が就く。いずれも4月1日付。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  2. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

  3. デジタル庁採用、倍率47倍 民間人材枠、30人先行募集に

  4. 共産都議団が今夏の東京オリンピック中止を申し入れ 「コロナ対策集中を」

  5. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです