メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業倒産件数

9年連続減 求人難での倒産は増加 17年

 民間信用調査会社の東京商工リサーチは16日、2017年の企業倒産状況(負債総額1000万円以上)を発表した。景気回復を背景に倒産件数は前年比0.48%減の8405件となり、9年連続で減少した。

 負債総額は、昨年6月に民事再生法適用を申請して破綻したエアバッグ大手タカタ(負債総額1兆5024億円)が全体を押し上げ、前年比57.89%増の3兆1676億3700万円となった。

 倒産件数はリーマン・ショックが起きた08年に1万5646件を記録した後は減少が続いている。ただ、17年は9~10月に6年3カ月ぶりに2カ月連続で増えたほか、大都市圏である東京・大阪・愛知が6年ぶりにそろって増加し、「倒産件数減少の『底打ち』がうかがえる」(商工リサーチ)状況となった。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです