メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島県警

本部長「署内窃盗未解決は心残り」 退任会見で

約1年7カ月の在任期間を振り返る名和本部長=広島市中区で2018年1月15日午後、東久保逸夫撮影

 広島県警に約1年7カ月在任し、16日付で中部管区警察局長に就任する名和振平本部長(57)が15日、広島市中区で退任会見を開いた。在任中の昨年5月に発生し約8500万円が盗まれた広島中央署窃盗事件が未解決のまま退任となったことについて、「このような形の離任は本当に残念。心残りであり心苦しい」と苦渋の表情で述べた。

 同事件の発生後、県警トップの名和本部長が記者会見に応じるのは初めて。当初、記者クラブが会見を要求していたが、名和本部長は「会見すれば、状況を詳細に知らせなければならず、捜査が困難になるというジレンマがあった」と釈明した。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです