メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都

外堀のヘドロ除去へ 「気持ちよく五輪迎えたい」

アオコが大量発生し、水面が緑色に染まった夏の市谷濠=東京都提供

 2020年開催の東京五輪・パラリンピックを見据え、東京都は26年ぶりに、江戸城外堀の底に堆積(たいせき)するヘドロを除去する。悪臭や汚濁した水で評判が悪いが、五輪では世界から観客が訪れるほか、沿道の外堀通りはマラソンコースの候補のため、外堀がテレビで多くの人の目に触れる可能性が高い。水質を改善させて美しい首都をアピールし、汚名返上を狙う。

 外堀は水の循環が悪いうえ、大雨が降ると下水処理していない汚水が流れ込んで汚れやすい。落ち葉など腐り…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです