メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

新ルール開始、監督「表現規制が一番の恐怖」

「女優が評価される演技を引き出すのは、監督の力量」と話す安達かおる監督(左)と、「もう一度AVとはなんぞや、何を表現していくか、意識改革を」と訴える辻丸さん=中嶋真希撮影

安達かおる監督×男優・辻丸さん対談(上)

 だまされてアダルトビデオ(AV)に出演させられる問題を受け、統一契約書の使用や作品削除の新ルール運用が1月から試験的に始まっている。1980年代からAVの世界で活躍してきた異彩のAVメーカー「V&Rプランニング」の安達かおる監督は「ルールを決めるだけでは、問題は解決しない」と警鐘を鳴らす。強要をなくしたいと熱心に発言しているAV男優の辻丸さんは「もう一度、AVとは何かを見つめ直し、何を表現していくのか、意識改革すべきだ」と訴える。【構成・中嶋真希】

 <強要被害を防ごうと、AV業界からの要請で2017年4月に「AV業界改革推進有識者委員会」が設立さ…

この記事は有料記事です。

残り4302文字(全文4599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです