メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

新ルール開始、監督「表現規制が一番の恐怖」

「女優が評価される演技を引き出すのは、監督の力量」と話す安達かおる監督(左)と、「もう一度AVとはなんぞや、何を表現していくか、意識改革を」と訴える辻丸さん=中嶋真希撮影

安達かおる監督×男優・辻丸さん対談(上)

 だまされてアダルトビデオ(AV)に出演させられる問題を受け、統一契約書の使用や作品削除の新ルール運用が1月から試験的に始まっている。1980年代からAVの世界で活躍してきた異彩のAVメーカー「V&Rプランニング」の安達かおる監督は「ルールを決めるだけでは、問題は解決しない」と警鐘を鳴らす。強要をなくしたいと熱心に発言しているAV男優の辻丸さんは「もう一度、AVとは何かを見つめ直し、何を表現していくのか、意識改革すべきだ」と訴える。【構成・中嶋真希】

 <強要被害を防ごうと、AV業界からの要請で2017年4月に「AV業界改革推進有識者委員会」が設立さ…

この記事は有料記事です。

残り4302文字(全文4599文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです