メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

「作品は自分の子供」監督は堂々と表へ

「表に出ない監督に、撮る資格はない」と話す安達かおる監督(右)と、「今後、AVをどうしていけばいいのか議論になれば」と話す辻丸さん=中嶋真希撮影

安達かおる監督×男優・辻丸さん対談(下)

 だまされてアダルトビデオ(AV)に出演させられる被害を防ごうと、業界団体の「知的財産振興協会(IPPA)」に所属するメーカーなどの間で、統一契約書や作品削除ルールの運用が始まっている。強要問題に向き合うAV男優の辻丸さんは「業界の男たちは、女優を表に立たせて、陰に隠れたまま」と指摘する。異彩のAVメーカー「V&Rプランニング」の安達かおる監督は「作品は、自分の子供。女性を裸にしているのに、監督が前に出ないなんて」と批判する。2人が見据えるAVの未来は。【構成・中嶋真希】

 <辻丸さんは、女優の意に反した内容の撮影を強行する現場での強要を何度も見聞きしてきた。「自分も加害…

この記事は有料記事です。

残り4208文字(全文4516文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです