メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統一会派

希望の玉木代表「分党も」 参院から反対論

民進党との統一会派問題を巡り協議する(左から)松沢参院議員団代表、玉木代表、古川幹事長=国会内で2018年1月15日午後2時31分、宮本明登撮影

 民進党と希望の党の幹事長らは15日、統一会派結成に向けた合意文書をまとめた。しかし、両党の参院議員には反対論が強く、正式合意の見通しは立っていない。希望の党の玉木雄一郎代表は分党を含めて対応する方針を参院側に伝えた。

 合意文書には、焦点の安全保障法制について「違憲と指摘される部分を削除することを含め、必要な見直しを行う」と盛り込まれた。民進党は「違憲部分の削除」を求めていたが、「違憲とされる部分」に弱めて妥協した。

 それでも、希望の党の幹部会合では松沢成文参院議員団代表が「理念、政策の違う党と会派を組むことはあり…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  4. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  5. ORICON NEWS 「オリンピックおじさん」死去 吉田沙保里さんや福原愛さん追悼 声援に感謝の言葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです