メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北米自動車ショー

主流は大型車強化 デトロイトで開幕 

米自動車大手フォード・モーターが発表したピックアップトラック「レンジャー」=米デトロイトで2018年1月14日、清水憲司撮影

 【デトロイト清水憲司】北米国際自動車ショーが14日、米デトロイトで開幕した。米国では景気の改善に伴い高水準の新車販売が続いてきたが、昨年は8年ぶりの減少に転じた。市場が転機を迎える中、売れ筋の大型車強化がテーマになりそうだ。

 米フォード・モーターは開幕にあわせ、米国で人気が高いピックアップトラックで、未舗装道での走行や燃費性能を高めた「レンジャー」の新型車を発表した。ゼネラル・モーターズ(GM)もピックアップトラック「シボレー・シルバラード」を公開。荷台を大きく、車体を一段と頑丈にした。

 世界の自動車市場は、電気自動車(EV)へのシフトや自動運転車開発に注目が集まるが、米国市場では当面…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文687文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 稲垣吾郎 SMAPの活動は「宝」、草なぎ&香取と元号またぎ生放送特番(スポニチ)
  5. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです