メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北協議

北朝鮮が平昌五輪に「芸術団」140人派遣合意

2009年12月31日、東平壌大劇場で開かれた万寿台芸術団三池淵楽団による新年慶祝音楽会=朝鮮中央通信・朝鮮通信

別の実務者協議を17日に開催

 【ソウル米村耕一】韓国と北朝鮮は15日、南北軍事境界線付近の板門店(パンムンジョム)で、北朝鮮が平昌(ピョンチャン)冬季五輪に際して派遣する「芸術団」の公演を巡って実務者協議を行い、韓国側によると、北朝鮮が約140人の管弦楽団を韓国に派遣することで合意した。ソウルと平昌周辺で五輪競技会場にある江陵(カンヌン)で公演するという。

 北朝鮮側は、一連の南北対話を最終的には非核化に関連する対話につなげたいとの韓国政府の思惑については強く批判してけん制しつつ、平昌五輪については協力する姿勢を示した格好だ。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです