センター試験

阪大、監督中に居眠りの大学院教授訓告処分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 13日に実施された大学入試センター試験の監督中に居眠りをしたとして、大阪大は15日、大学院高等司法研究科の40代の教授を訓告処分にした。試験室や試験場の責任者ら3人も、管理責任を問う形で厳重注意などとした。

 阪大によると、教授は13日に豊中キャンパス(大阪府豊中市)の試験場で監督業務に当たり、2時間目の国語の時間に居眠りをした。試験…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集