メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本・産山

村職員の通勤手当を大幅削減 最大8割にも

閉庁後の役場の駐車場。村外からの車通勤が目立つ=熊本県産山村で、杉山恵一撮影

 熊本県産山(うぶやま)村が昨年10月から村職員の通勤手当を最大8割減らしている。2012年7月の九州北部豪雨や一昨年4月の熊本地震で、村外に住む職員の登庁が遅れたことから、村内への転居を促す目的で実施した。だが、3カ月が経過しても通勤手当削減を理由に引っ越しした職員はまだいない。総務省は「通勤手当の趣旨に沿わない」として村に改正を求めている。【杉山恵一】

 村職員の男性(40)は大分県日田市から約1時間15分かけて車で通う。村出身だが、妻が同市の隣の福岡…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです