メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

メールの公文書化 遅れ際立つ日本

2016年大統領選の集会に現れたヒラリー・クリントン元国務長官。優位とみられたが、僅差でトランプ大統領に敗れた。私用メール問題も敗因の一つといわれている=米ロサンゼルス近郊で2016年6月6日、長野宏美撮影

 米国ではヒラリー・クリントン元国務長官が在任中に私用のメールアドレスを公務に使っていたことが問題となり、2016年の大統領選の敗因の一つになったといわれる。それだけメールが貴重な公文書だと認識されていることの裏返しでもある。アメリカや各国の実情を探ると、官僚の裁量でメールが廃棄されてしまう日本の取り組みの遅れが際立ってくる。【日下部聡】

この記事は有料記事です。

残り3059文字(全文3229文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  2. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  4. セクハラ疑惑 「ある意味犯罪」自民・下村氏が発言謝罪
  5. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]