メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

メールの公文書化 遅れ際立つ日本

2016年大統領選の集会に現れたヒラリー・クリントン元国務長官。優位とみられたが、僅差でトランプ大統領に敗れた。私用メール問題も敗因の一つといわれている=米ロサンゼルス近郊で2016年6月6日、長野宏美撮影

 米国ではヒラリー・クリントン元国務長官が在任中に私用のメールアドレスを公務に使っていたことが問題となり、2016年の大統領選の敗因の一つになったといわれる。それだけメールが貴重な公文書だと認識されていることの裏返しでもある。アメリカや各国の実情を探ると、官僚の裁量でメールが廃棄されてしまう日本の取り組みの遅れが際立ってくる。【日下部聡】

この記事は有料記事です。

残り3059文字(全文3229文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 富山・集団暴行 強制性交等容疑の男性8人全員を不起訴
  3. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 性被害 BBCの詩織さん番組で「女として落ち度」言及 杉田水脈議員に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]