メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

メールの公文書化 遅れ際立つ日本

2016年大統領選の集会に現れたヒラリー・クリントン元国務長官。優位とみられたが、僅差でトランプ大統領に敗れた。私用メール問題も敗因の一つといわれている=米ロサンゼルス近郊で2016年6月6日、長野宏美撮影

 米国ではヒラリー・クリントン元国務長官が在任中に私用のメールアドレスを公務に使っていたことが問題となり、2016年の大統領選の敗因の一つになったといわれる。それだけメールが貴重な公文書だと認識されていることの裏返しでもある。アメリカや各国の実情を探ると、官僚の裁量でメールが廃棄されてしまう日本の取り組みの遅れが際立ってくる。【日下部聡】

この記事は有料記事です。

残り3059文字(全文3229文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市
  4. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  5. 幽霊消防団員 内部告発で活動禁止や嫌がらせの報復受けたケースも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです