メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『焼肉大学』鄭大聲・著

肉を焼いて食べる前に知っておいた方がいい

◆『焼肉大学』鄭大聲・著(ちくま文庫/税別780円)

 表紙には、明快なタイトルが、焼き肉屋さんのメニューにあるような力強い明朝体で黒々と書かれている。さらに、じゅわーっと焼けつつあるお肉の写真が配置され、目次もそのイメージのままに、ロース、カルビ、ハツと、部位ごとに勢いよく続く。だが、本を読み進めて1/4ほど過ぎたあたりで、焼いて食べる肉の話はいったんおしまい。そう、存外、この大学の授業は肉々しいばかりではなく、肉の友であるキムチ、ナムル、そして、チヂミ、ワカメスープなどに多くのページが割かれ、朝鮮半島ではどんなものが食べられてきたかについて子細に解説されているのだった。

 キムチは、250年ほど前には、今のように赤くて辛い漬物ではなかったと知らされる。さらに、キムチらし…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  5. 記者の目 バルサルタン事件 無罪判決=河内敏康(東京科学環境部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです