メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『焼肉大学』鄭大聲・著

肉を焼いて食べる前に知っておいた方がいい

◆『焼肉大学』鄭大聲・著(ちくま文庫/税別780円)

 表紙には、明快なタイトルが、焼き肉屋さんのメニューにあるような力強い明朝体で黒々と書かれている。さらに、じゅわーっと焼けつつあるお肉の写真が配置され、目次もそのイメージのままに、ロース、カルビ、ハツと、部位ごとに勢いよく続く。だが、本を読み進めて1/4ほど過ぎたあたりで、焼いて食べる肉の話はいったんおしまい。そう、存外、この大学の授業は肉々しいばかりではなく、肉の友であるキムチ、ナムル、そして、チヂミ、ワカメスープなどに多くのページが割かれ、朝鮮半島ではどんなものが食べられてきたかについて子細に解説されているのだった。

 キムチは、250年ほど前には、今のように赤くて辛い漬物ではなかったと知らされる。さらに、キムチらし…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文907文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
  5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]