メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

小豆島の調味料「しじみ汁」と「食べる青唐辛子」がリニューアル発売 「しじみ汁」には従来品の5倍以上のしじみの粒を配合!(@Press)

情報提供:@Press

プレスリリースページの情報について

食べる青唐辛子/しじみの恵み

株式会社サンコウフーズ(本社:香川県小豆郡、代表者:藤井 昇)は、当社の人気商品「食べる青唐辛子」及び「しじみの恵み」の商品リニューアルを行いました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/141153/LL_img_141153_1.jpg
食べる青唐辛子/しじみの恵み

株式会社からだにいいこと(本社:東京都千代田区)の代表取締役会長であり、雑誌編集部長である佐久間 省吾氏の推薦商品として紹介されたことをきっかけに、同社監修の下、パッケージをリニューアルいたしました。穏やかな海に囲まれた小豆島の景色にインスピレーションを受けたデザインです。
リニューアル商品は、当社オンラインショップ『自然の恵み IPPINYA 平次郎』において販売しております。

食べる青唐辛子: http://www.sankou-foods.jp/shopdetail/000000000062/
しじみの恵み : http://www.sankou-foods.jp/shopdetail/000000000061/


■食べる青唐辛子
「食べる青唐辛子」は、味噌と青唐辛子の辛さが絶妙に後を引く旨辛な一品。炊きたてご飯にそのままのせても、また卵かけご飯に混ぜても絶品です。おにぎりの具や、酒の肴として、おでんの薬味としても人気の高い商品です。
商品ページ: http://www.sankou-foods.jp/shopdetail/000000000062/

【商品概要】
・商品名称: 食べる青唐辛子
・価格 : 600円(税込)
・容量 : 110g
・原材料 : 味噌、砂糖、芋の茎、青唐辛子、木耳、胡麻、唐辛子粉、
鰹粉末、山椒末、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、増粘多糖類、
(原料の一部に大豆を含む)
・賞味期限: 180日


■しじみの恵み
古来から健康効果が高いと言われてきた「しじみ」のエキス・旨味を、簡単に料理に加えることができる「しじみの恵み」は、パッケージのみならず商品の中身もリニューアルいたします。これまで大変ご好評いただいておりました味はそのままに、しじみの含有量を大幅にアップさせました。従来品は1瓶あたり約800粒分のしじみエキスを配合しておりましたが、リニューアル商品には約4,500粒分・5.6倍のしじみエキスを配合。それによりオルニチン量も約300gから約1,600gにアップしております。
「自然の恵み IPPINYA 平次郎」( http://www.sankou-foods.jp )でのみの限定販売品です。
商品ページ: http://www.sankou-foods.jp/shopdetail/000000000061/

【商品概要】
・商品名称: しじみの恵み
・価格 : 1,000円(税込)
・容量 : 300ml
・原材料 : しょうゆ、しじみエキス、砂糖、水飴、食塩、米黒酢、寒天、
調味料(アミノ酸等)、ビタミンB1(原材料の一部に小麦・大豆を含む)
・賞味期限: 180日


■株式会社からだにいいことについて
株式会社からだにいいことは、13年以上、月刊誌『からだにいいこと』を作り続けてきた健康情報カンパニーです。“自分のからだは自分で守る”セルフメディケーションの考え方を広め、生活者の健康的な暮らしをサポートしています。
月刊『からだにいいこと』公式サイト: http://www.karakoto.net/index.php


■株式会社サンコウフーズについて
株式会社サンコウフーズは香川県の小豆島にて、つくだ煮専門メーカーとして創業より半世紀にわたり、たゆまぬ製造技術の向上と製品の品質向上に努め、豊かな食文化の一翼を担ってまいりました。さらに新しい時代に合った佃煮製品、また幅広い食品の新製品の開発、研究と供給に努めてまいります。

【会社概要】
商号 : 株式会社サンコウフーズ
所在地 : 香川県小豆郡小豆島町苗羽甲2204
代表者 : 藤井 昇
創業 : 1949年3月
オンラインショップ : 「自然の恵み IPPINYA 平次郎」
http://www.sankou-foods.jp


詳細はこちら


しじみの恵み

食べる青唐辛子

しじみの恵み 使用イメージ

情報提供:@Press

プレスリリースページの情報について

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです