メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

シドニー・ハーバー・ブリッジにワラビー出現、警察が無事捕獲

1月16日、シドニー湾に架かるハーバーブリッジで早朝、飛び跳ねて渡るワラビーが出現し、交通が一時中断された。ワラビーはその後、市の中心部で警察によって捕獲された。提供写真(2018年 ロイター/Australia. AAP/NSW Police)

[PR]

 [シドニー 16日 ロイター] - 16日早朝、オーストラリアのシドニー湾に架かるハーバーブリッジを飛び跳ねて渡るワラビーが出現し、交通が一時中断された。ワラビーはその後、市の中心部で警察によって捕獲された。

 警察発表によると、夜明け前に橋の上のワラビーを捕獲するため出動し、市内の音楽院付近でワラビーを捕獲。獣医の診察のため、動物園へ連れて行ったという。

 警察の車から撮影された動画には、1メートルほどのワラビーが橋を飛び跳ねて渡る様子が写ってる。

 あるドライバーはワラビーについて「内陸部の出身だからそこら中を走り回るのをみていたが、これほど市街の近くでみかけたことはない」と話した。

 1932年開通のシドニー・ハーバー・ブリッジはシドニー市街と北部の郊外を結ぶアーチ型の橋で、8車線の車道と鉄道線路、歩道、自転車用道路が走っている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです