メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年金

開始70歳超、選択可 受給額上乗せ 政府検討

年金受給開始年齢見直しのイメージ

 政府は現在は60~70歳となっている公的年金の受給開始時期を、70歳を超えても選択できるようにする検討に入った。高齢になっても健康で働き続ける人が増えているためで、月内に閣議決定する「高齢社会対策大綱」に盛り込み、具体的な制度設計に乗り出す。

 年金の受給開始年齢は原則65歳だが、ライフスタイルに合わせて60~70歳の間で選ぶことができる。受給開始を遅らせると、毎月の受給額は増え、老後の生活安定につながる。

 ただ、この仕組みを利用している人は少ない。政府は70歳を超えて受給を開始する場合は、さらに受給額を…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文606文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです