メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

また北に根負けしないか=与良正男

 北朝鮮に宋日昊(ソンイルホ)という幹部がいる。もう10年以上、日朝国交正常化交渉担当大使を務める。昨春、拉致問題には「誰も関心がない」と日本の記者団に言い放った人物だ。

 年は私(60)よりも少し上。日本語は堪能だ。私が初めて取材したのは1990年で、平壌のホテルの一室で長い時間話したこともあった。以来、朝鮮労働党日本課長など肩書は変わっても、実に30年前後、日本担当を続けていることになる。

 往々にして幹部が処刑される国だ。文字通り命がけで仕事をしているのは確かだろう。だから絶対に譲らない…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです