メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

また北に根負けしないか=与良正男

 北朝鮮に宋日昊(ソンイルホ)という幹部がいる。もう10年以上、日朝国交正常化交渉担当大使を務める。昨春、拉致問題には「誰も関心がない」と日本の記者団に言い放った人物だ。

 年は私(60)よりも少し上。日本語は堪能だ。私が初めて取材したのは1990年で、平壌のホテルの一室で長い時間話したこともあった。以来、朝鮮労働党日本課長など肩書は変わっても、実に30年前後、日本担当を続けていることになる。

 往々にして幹部が処刑される国だ。文字通り命がけで仕事をしているのは確かだろう。だから絶対に譲らない…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです