メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

石内都 肌理と写真 時間が照らす被写体=評・高橋咲子

 石内都氏の実質的なデビュー作「絶唱、横須賀ストーリー」の発表から40年。節目の年に、アトリエを構える横浜で大規模な個展が開催されている。初期作品から時間を追ううち、作品をかたちづくるさまざまな要素が連綿とつながっていることを体感できる。

 自身がタイトルにつけたように、「肌理(きめ)」が会場を貫いていることにすぐ気づく。終戦直後、進駐軍の「性の防波堤」の拠点となった互楽荘や米軍施設「ベイサイドコート」。廃虚同然の建物内で、壁にはひびが入り、ペンキははがれ落ちる。立体感のあるプリントのせいか、やけに生々しく見る者を包む。

 舞踏家、大野一雄の肉体を写したシリーズ、故郷の群馬県桐生市に残された銘仙のシリーズと続き、それが被…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文686文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  2. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影
  3. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  4. 大阪狭山市 市長の妻、現金配る 秋祭りの会場で
  5. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです