メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

石内都 肌理と写真 時間が照らす被写体=評・高橋咲子

 石内都氏の実質的なデビュー作「絶唱、横須賀ストーリー」の発表から40年。節目の年に、アトリエを構える横浜で大規模な個展が開催されている。初期作品から時間を追ううち、作品をかたちづくるさまざまな要素が連綿とつながっていることを体感できる。

 自身がタイトルにつけたように、「肌理(きめ)」が会場を貫いていることにすぐ気づく。終戦直後、進駐軍の「性の防波堤」の拠点となった互楽荘や米軍施設「ベイサイドコート」。廃虚同然の建物内で、壁にはひびが入り、ペンキははがれ落ちる。立体感のあるプリントのせいか、やけに生々しく見る者を包む。

 舞踏家、大野一雄の肉体を写したシリーズ、故郷の群馬県桐生市に残された銘仙のシリーズと続き、それが被…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文686文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]