障害者ウェブマガジン

障害ある暮らし、多彩に 統合失調症当事者が編集人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウェブマガジン「D.culture」で当事者や家族に役立つ情報発信を続ける桐谷さん=東京都千代田区の毎日新聞社で2018年1月12日、谷本仁美撮影
ウェブマガジン「D.culture」で当事者や家族に役立つ情報発信を続ける桐谷さん=東京都千代田区の毎日新聞社で2018年1月12日、谷本仁美撮影

 障害者を取り巻く環境を「Dカルチャー」と名付け、障害を持つ人のあこがれとなるようなライフスタイルを紹介するウェブマガジン「D.culture」(http://disability-culture.jp/)が人気を呼んでいる。編集人は統合失調症当事者。著名人インタビューや体験ルポ、漫画、制度解説など、硬軟織り交ぜたコンテンツをそろえ、障害の有無に関わらず楽しめると評判だ。

 「Dカルチャー」は「障害(disability)文化」の意味。障害をポジティブに、ジャーナリスティックな視点とエンターテインメント性の両面から捉えた新感覚の媒体を目指している。

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文809文字)

あわせて読みたい

注目の特集