メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者ウェブマガジン

障害ある暮らし、多彩に 統合失調症当事者が編集人

ウェブマガジン「D.culture」で当事者や家族に役立つ情報発信を続ける桐谷さん=東京都千代田区の毎日新聞社で2018年1月12日、谷本仁美撮影

 障害者を取り巻く環境を「Dカルチャー」と名付け、障害を持つ人のあこがれとなるようなライフスタイルを紹介するウェブマガジン「D.culture」(http://disability-culture.jp/)が人気を呼んでいる。編集人は統合失調症当事者。著名人インタビューや体験ルポ、漫画、制度解説など、硬軟織り交ぜたコンテンツをそろえ、障害の有無に関わらず楽しめると評判だ。

 「Dカルチャー」は「障害(disability)文化」の意味。障害をポジティブに、ジャーナリスティ…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文809文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです