メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問・生活なるほドリ

マネー編/18 「人生100年時代」というが? 「長く働く」準備計画的に /群馬

 なるほドリ 昨年は「人生100年時代」という言葉をよく耳にしました。どんな意味ですか。

 山崎 先進国では10年で、2~3歳のペースで平均寿命が延びているそうです。今後、私たちは100歳くらいまで生きる可能性が現実味を帯びてきたということです。実際、政府主導で開かれた「人生100年時代構想会議」では、現在10歳の子供の寿命は107歳になるとの推計が示されています。これからは、さらなる長寿化に合わせた新しい人生設計が必要になるでしょう。

 Q 100歳まで生きるには、どのような心構えが大切になるのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです